スポンサーリンク

<Mシチュ作品紹介> ROBFEOY

ROBFEOY

概評

名作オンラインゲームをモチーフにした、本格的バトルファックRPGです。

圧倒的な質とボリュームで、ゲームとしても十分楽しめるでしょう。

敗北すれば搾られるという王道のMシチュが用意されており、 イベント・モンスターごとに、シチュエーションも様々です。

音声こそないものの、絵のクオリティは高く、敵モンスター・イベント数も100を超えるので、実用性も抜群なのはいうまでもありません。

私は、元ネタのオンラインゲームはプレイしたことはないですが、 問題なく楽しめました。

Hシーン

Hシーンは、敵モンスターとのバトルに負けた場合に発生する敗北イベントが主になります。

宣伝文句にある通り、モンスター総数は100体を超えるので(色違いはありますが) ボリュームは十分満足できるでしょう。

テキストも複数搾られが基本ですので、尺的にも十分。

シチュエーションもモンスターにより様々ですが、あまりモンスターっぽいプレイ (例えば、丸のみとか)はほとんど無く、手、足、口、胸、本番、シッポくらいがメインとなっています。

通常バトルの他にも、人間キャラとの戦闘、イベントも多数用意されており、 こちらも、教官、盗賊、シスター、などシチュエーションは様々。

CGのクオリティも非常に高いので、絵柄の好みが極端に違うとかでなければ、 まずHシーンに不満を持つことはないのではないでしょうか。

音声はさすがにフルボイスとはいかなかったようですが、(RPG戦闘がメインですしね) 私は特に気になりませんでした。

ゲーム部分(シナリオ・戦闘など)

おそらく、元ネタ通りのスキルやシナリオかと思うのですが、 とても丁寧に作りこまれています。

スキルや、クエストなどの量も豊富ですし、シナリオもしっかりテキストが用意されていて Hシーン以外にも手がかかっていました。

私は割りとゲーム部分はスキップしてしまうことが多いのですが、 このシリーズはキチンとRPGして、攻略しています。(主にパワー&スピードで押し切りますが)

特にバランスが秀逸で、この手のゲームでよくぞここまで楽しませてくれた! という印象でした。

まとめ

本格RPG+Mシチュで、両方ともハイクオリティという超良作です。

私はじっくりやりこんで、10時間以上費やしました。

ものぐさな私がRPG部分ふくめて丸ごと楽しめた、という意味では「もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章」に匹敵しました。

逆に、お手軽にMシチュシーンだけ楽しみたいという人には、 ちょっと手間に感じてしまうかもしれません。

ゲームとしてもやりこみたい、という人にとっては2000円弱というお値段も 十分元がとれるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする