<Mシチュ作品紹介> もんむすラビリンス

もんむすラビリンス

概評

魔物娘、Mシチュでは幾多の作品を販売されているディーゼルマインさんの新作です。

安定の制作力で、期待通りの質・量を楽しめる良作でした。

全体的な印象としては、魔物分・Mシチュ分ともにいい塩梅といった感じで

どちらも極端な要素はありません。

逆にいえば、極端な方が好みな方には少し刺激が足りないでしょう。

私的に重要な誘惑要素はあまりなかったのですが

エルフのおねーさんは相当ツボにはまったのでそれだけでも満足できました。

その他にも全体的にHシーンの質は高く、音声と動き(!)ありというだけでも

一見の価値はあると思います。

Hシーン

※以下、ネタバレ含みます。

もう定番といって良いでしょう。主人公が淫魔の世界に迷い込んで脱出、という

王道もの(?)です。

ゲームとしてはRPGで、淫魔のシンボルに触れたら戦闘開始、負けたら搾られる

とこれまた王道なのですが、今回は冒頭にも書いたとおりグラフィックが動きます。

おそらくLive2Dを使用されているのだと思いますが、

かなりヌメヌメ動くほか強弱をつけたり、アップになったりとかなり作りこまれています。

しかもHシーンはフルボイス!

そんなモンスターがスライム、ハーピー、ゴーレム、乳魔、サキュバスなど

20体はいるので、Hシーンだけでかなり見ごたえはあるでしょう。

シチュ的にも王道の手コキ、足コキ、パイズリ、フェラ、騎乗位などなど

一通り取り揃えられているので、いくつかは好みのシチュが見つかると思います。

ゲーム的にはHシーンの邪魔(失礼!)にならない程度といった所でしょうか。

特に詰まる所もなく、何度か淫魔とイちゃついてれば

あっさりエンディングまでいける難易度でした。

まとめ

とにかく角の丸くバランスのとれた良作でした。

お値段が負担でなければ、オススメです。

個人的にはLive2Dの使い方がとても参考になりました。

そのうち私のゲームにも導入したいなあ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする