<Mシチュ作品紹介> デザイアダンジョン

デザイアダンジョン

概評

とある町に訪れた冒険者が、色欲にまみれた迷宮に挑む。

シンプルな一本道のダンジョンと、通常・性感攻撃を駆使した女の子モンスターとの戦闘が楽しめるRPGです。

レベル上げなどの手間はかからないものの、攻略には一工夫が必要で ゲーム部分も丁寧な作りが楽しめました。

女の子モンスターに負けると、当然犯されシーンとなるのですが、 本作では性感攻撃で相手を倒した際にも、Hシーンが用意されています。

こちらも一方的に相手を犯すというよりは、受けに近いシーンが多いので、 その分お得感がありました。

Hシーン

1ダンジョンには前半、後半、ボスの3体の女の子モンスターが出現します。 ※例外もあり

戦闘に負けるともちろん犯されシーンとなって、何回も搾り取られます。

セリフは欲望の塔さんということもあって、かなり充実している上に CGもクオリティが高い絵師さんが多く担当されているので、満足出来るでしょう。

シチュエーションは、あまりモンスターっぽいシーンは無く一般的(?)なプレイが 多いです。

このサークルさんらしく、誘惑・魅了属性が多いのが特徴でしょうか。

反面、ハードなMシチュは無いのでそちらの属性の人には向いていません。

また、通常の敗北の他に性感攻撃によるHシーンも用意されており、 こちらはイチャイチャ感が楽しめます。

個人的にはハズレ(といっては失礼ですが)が無く、全てのダンジョン、モンスターを 余すところなく楽しめる良作といった印象です。

特にサキュバスは一見の価値あり!

ゲーム部分(シナリオ・戦闘など)

ダンジョンは一本道のシンプルな作りで、ある程度レベル上げは必要ですが 割と簡単にレベルMaxになります。

ただ、女の子に搾られるとレベルが下がってしまうため、初対面のイベントを見る時には 注意が必要かと。

また、宝箱から早めに強いアイテムを取れれば、攻略がかなり楽になります。

宝箱からはお約束のミミックさんも出てくるので、積極的に空けていきましょう。

戦闘に関しては、ボス戦のみ一工夫が必要です。

相手の話も聞かずに殴りかかると、あっさり敗北(=ご褒美)シーンになってしまうので、 先に進む時には、よくメッセージを読みましょう。

まとめ

欲望の塔さんの力作ともあって、かなりのクオリティとボリュームです。

お値段以上の価値はもちろんですし、続編も予定されているので必ずプレイしたい 逸品と言えるでしょう。

回想シーンが無いのが残念といえば残念ですが、どの女の子にもすぐ会えますしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする