スポンサーリンク

<開発メモ>擬音に色をつける

擬音に色をつけたい

イラストや、ゲームで使用するシーンに擬音を挿入したい場合、 自分で擬音の画像を作成してもいいけど、できれば既にあるものを使いたい。 しかし、購入した擬音CG集には色がついていなかったので、 SAIで色をつけてみた。 備忘録として、やり方を残しておく。   こういうのから ↓                   こうしたい ↓              

使う部分を切り抜き

まずは、元画像から使う擬音を切り抜きます ※今さらながら、使用しているツールはSAIです。 使用する擬音を選択領域にしていして、別レイヤーにコピーします。                      

白い部分を透明にする

  切り抜いた後の画像です。 一番下に、グレーのレイヤーを追加すると、文字の中身が白いのが分かります。             このままだと、文字のフチ(黒い部分)の色が変えにくいので、 白い部分を透明に変更します。 SAIの場合、「メニュー」→「輝度を透明度に変更」で出来ます。                    

文字のフチの色を塗る

文字のフチの白に塗ります。 文字のフチだけ透明ではなくなったので、「不透明度を保護」にチェックをして 「レイヤーを塗りつぶす」で白に塗りつぶします。                  

文字の中身を塗りつぶす

あとは、文字の内部を塗りつぶすだけです。 まずは、今のレイヤーを「領域検出元に指定」して、選択ツールで文字の中身を選択します。           今のレイヤーは文字の中身は透明になっているので、新しいレイヤーを作成します。 そのレイヤーを選択して、「レイヤーを塗りつぶす」でピンクに塗りつぶします。                  

仕上げ

最後に不要なレイヤーを削除して、必要なレイヤーを統合。 必要な文字の周りを切り抜いて、保存すれば完成!   文字の周りを選択して、選択領域を切り抜き ↓           完成!(フチが白いから目立たなくなった・・・) ↓                            
スポンサーリンク

シェアする