<Mシチュ作品紹介> Dilemma~リリスの胃袋~

Dilemma~リリスの胃袋~

概評

ジレンマ・ロールプレイADVの宣伝文句の通り、逃げるか堕ちるかを自分で選択しながら進むADVです。

基本的には一本道のストーリーながら、堕ちる段階ごとにセリフも変わるので、 ボリューム的にも満足できました。

男の子、女の子で主人公が選べるのですが、女の子はプレイしていません。 すいません。

Hシーン

冒頭の通り、淫魔の洞窟に囚われる所から物語はスタートします。

基本的にはストーリーに分岐は無く、進めていくと自動的に魔物娘に出会って (なんだかんだで)犯されシーンが始まります。

ここからが本作の独特な部分で、いつでも主人公はキーを押すことで脱出出来る仕様になっています。

とはいえ、一回イかされた位では虜にされる訳ではないので、 次のシーンも見ようかな、という誘惑との戦いが始まります。

でも、次も次も、と進んでいくと遂には戻れない所まで来てしまって、そのまま逃げられなくなりゲームオーバになってしまう、というジレンマが特徴でしょうか。

もちろん、ゲーム的にはキー一回で逃げられるので、特にタイミングや連打が必要というわけではありません。

ですので、あくまで自分の中で盛り上がれる想像力が必要となります(笑

イベントの種類は、サキュバスだけではなく、アルラウネ、魔女、獣娘など10種類弱で、 それぞれの堕ちた深さによって、イベントが変わってきます。

それぞれのストーリーも単に搾りとるだけでなく、おなかが減ったからちょっとだけ、とか 薬を作る材料で、とか工夫が凝らされていて、尺も十分な長さといえるでしょう。

あまりアブノーマルなプレイも無いので、受け、Mシチュ、もんむす好きなら安心して オススメ出来る一作です。

とはいえ、そういう人には女の子部分は余り合わないでしょうから、ボリュームも半分といえば半分ですね。

まとめ

私は最初のサキュバスだけでお値段の元は十分にとれたと感じました。

1つ1つのシーンはそれだけ質もボリュームも高いので、お気軽にどうぞ。

ゲーム性は薄いので、シナリオ重視のADVといった所でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする